ガーデニング初心者の 庭作り

家庭菜園初心者の為に野菜作りの基本作業や育て方、種類等をわかりやすく簡単に紹介していきます。

家庭菜園初心者・簡単野菜作り

家庭菜園を楽しむ

ガーデンづくりの経験を生かした華やかな菜園。珍しい野菜や地域の特産品種が育つ庭など。家庭菜園は楽しみが尽きません。あなたも家庭菜園を楽しみましょう。

初心者の為のおいしい野菜作り

おいしい野菜作り

家庭菜園で自分が作る野菜なら安心して食べられます。安全で味のよい、おいしい野菜作りの方法やコツについて初心者にわかりやすく紹介していきます。

初心者の為の施肥と肥料作り

堆肥の作り方

野菜にやさしい肥料を使えば食べる時にも安心です。家庭菜園での施肥と肥料作り、堆肥の作り方について初心者にわかりやすく紹介していきます。

初心者の為の病害虫防除

病害虫防除・コンパニオンプランツ

家庭菜園での病害虫防除は無農薬で手間をかける対策が理想的です。コンパニオンプランツや自然の素材での病害虫防除について紹介していきます。

初心者の為の菜園計画

菜園計画

家庭菜園では作りたい野菜をどのように組み合わせるか、野菜作りの環境や連鎖障害等を考慮した菜園計画を考える必要があります。

初心者の為の土作り

初心者の土作り

土作りは家庭菜園での収穫の決め手になる大切な第一歩です。特に初心者の人は土質を知って、水はけ、水もち、通気性のよい土作りを心掛けましょう。

初心者の為の畝作り

初心者の畝作り

株の間をどの程度とるか、どれくらい根が広がり、茎葉が大きくなるかによって、畝の幅を決めます。畝作りには力と時間を惜しまず、ていねいな作業を行いましょう。

家庭菜園の種まき

家庭菜園の種まき

家庭菜園の野菜作りの種まきはすじまきを基本に、発芽率などを考慮してまき方を決めるます。家庭菜園の種まき方法について紹介していきます。

家庭菜園の苗作りと苗選び

苗作りと苗選び

野菜作りは初期成長を促すことが大切です。よい苗を選ぶことが栽培を簡単に、よい収穫をあげることにつながります。家庭菜園の苗作りと選び方について紹介します。

家庭菜園の植えつけと水やり

植えつけと水やり

家庭菜園の野菜作りで、よい根を出させて株を充実させるには植えつけと水やりが重要になります。家庭菜園の植えつけ方法・水やり方法を紹介していきます。

野菜の種類と育て方・栽培方法

野菜の育て方・栽培方法

野菜作りには育てる喜び、見せるうれしさ等、多くの楽しみ方があります。営利目的ではなく、家庭菜園を楽しみ、家族で食べる野菜を収穫するための、野菜の育て方や、栽培方法・種類等をを紹介していきます。

ページの先頭へ


おしゃれに作る野菜

農業を営むわけではないけれど、自分や家族が食べる野菜をおいしく作りたい。どうせ草花を育てるなら、食べられるほうが楽しい。野菜作りのきっかけは人によってさまざまですが、自分で食べるものを自分で作ろうと考えてる人は確実にふえてきています。また近年、自治体による市民菜園や、規模を縮小した農家などの貸し農園がふえてきており、人気も高いようです。自分の庭の一画で野菜を育ててる人、ベランダやキッチンにプランターを並べている人も多いと思います。それもただ育てるだけでなく、栽培の様子が観賞できをようになっていたりします。ガーデニングブームですっかり生活に植物がとけ込んでいますが、野菜作りには育てる喜び、見せるうれしさ等、多くの楽しみ方があります。

ストレス解消にも効果的

ひと口に野菜作りといっても、作り方はさまざまです。有機野菜、オーガニック野菜の人気が高まっていますが、初めて野菜作りをする人が、最初から無農薬有機肥料のみで作るのは、かなりむずかしいものです。まずは、収穫を上げをことを目標にすることをおすすめします。野菜作りの作業は寒さ暑さの中、たいへんをことも多いですが、野菜の成長を見るのはとてもおもしろいですし、さらに園芸療法という分野があるように、土いじり、植物の栽培には、疲れた心を元気にする効果があります。ストレス解消に野菜づくりを始めるのも、よいきっかけだと思います。市民菜園などでは同好の士が集まり、一種の社交場にもなっているようです。お年寄りの趣味としても、体を動かし、コミュニケーションを図れる絶好の機会になります。老若男女を問わず楽しめる、それが野菜作りです。

小スペースの楽しみ方

広い庭がない、土の庭がないからといって野菜作りをあきらめることはありません。広い畑さえあればよいかというと、決してそうでないないからです。広いと労力がかかり過ぎて全体に手が回らなることもあります。かえって自分の手の届く範囲で行うほうが、葉の一枚一枚の変化に気づき、手間も少なくてすむので、愛情たっぷりの野菜になります。もし、失敗しても被害は小さく、すぐにやり直そうという気にもなれるので、初心者にも向いています。大量につくる必要のない家庭菜園では、少しずつ、たくさんの種類の野菜を作ることが可能です。小スペースでもいろいろな種類を育てれば、広い畑にも負けない小収穫の喜びが味わえます。

コンテナ・鉢作りのメリット

コンテナガーデンが普及し、おしゃれな鉢やコンテナが多く出回るようになりました。水やりや施肥に注意すれば、野菜作りも可能です。大きくならない品種を選べば、さらに栽培が楽になります。生活空間に近い場所で手入れがしやすい、作業労力が少なくてすむ、病害虫対策が立てやすい、作り過ぎて無駄にすることがないなど、鉢栽培にはいろいろな特長があります。日本の気象には合わない外国の品種も、環境条件をととのえやすいコンテナ作りなら、けっこう上手くにできることもあります。